本文へスキップ

信州松代の不動産情報 長野の住宅・中古住宅・土地のご相談は埴科建設株式会社へ

TEL 026-278-2002
トップページはにけん情報>はにけん情報詳細

最新NEWS〜はにけん情報〜HEADLINE

2017年7月31日 これからの地震対策は「制震」をおすすめします!

埴科建設の家の地震対策は、トリプル地震対策!
「制震ダンパー」「金物」「耐力壁」


制震ダンパーの設置には、耐震基準を上げて建築費を高くする必要はございません。
現行の建築基準法の耐震基準でその効力を発揮いたします。
地震の揺れをダンパーが吸収します。硬質な粘性ゴムを使用しているので、反発が少なく、エネルギーの吸収性を高めています。先の東日本大震災や熊本地震では、1回目の大きな揺れでは倒壊件数は少なかったのですが、2回目や3回目の大きな揺れで耐震基準3の耐震住宅が倒壊してしまいました。統計では耐震住宅より約50%も建物の変形を抑えることができました。
はにけんでは、一軒毎に精密な構造計算を行い、適所に制震ダンパーを配置いたします。

金物建物の筋違いは重要な構造物。通常の金物での固定だと、1回か2回の大きな地震で筋違いが割れて壊れてしまいます。その時点で、建物の強度は大幅にダウンしてしまいます。はにけんでは、震度6強の地震が6回来ても壊れない金物(メーカーの実証済)を使用しています。

耐力壁 はにけんの家は、横からの力(地震や風など)から家を守る耐力壁を家の外側の壁にバランス良く貼り巡らします。ねじれにも強いので、家の歪も抑制します。

はにけんの家は3重の地震対策が標準!
家の本質は、見た目で満足できる無垢材をふんだんに使っている家やデザイン先行の家ではございません。
家は安心できる場で、そこに住む家族を守らなくてはならないと当社では考えています。
はにけんの家は、完成時は壁の中で見えない所で、いい仕事をしています。
そこからお打合せを重ね、デザイン、無垢材、照明や住宅設備機器など、お客様の個性を発揮していただきます。
一つとして同じ家はございません。家の本質、家を見えないところから考えてみませんか?




バナースペース