本文へスキップ

信州松代の不動産情報 長野の住宅・中古住宅・土地のご相談は埴科建設株式会社へ

TEL 026-278-2002
トップページ >ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットの家HEADLINE



埴科建設がつくる家

 夏暑く冬は寒い、昼と夜との寒暖の差が激しい信州の気候を熟知した上で、光熱費を最小限に抑え、自然で体に優しい家造りを常に志しています。
 長年培ってきた従来の在来工法技術と、最新のソーラーサーキット工法技術を合わせ、「快適な環境」と「健やかな暮らし」をご提供致します。



断熱と通気・換気を両立させる新しい木造建築システム
外断熱・二重通気工法(ソーラーサーキット)とは、省エネ・耐久性・健康な住宅、そして快適性を追求し、開発された住宅工法です。

高性能の断熱材(外断熱工法)と二重の通気層(ダブルサーキット)で、建物全体をすっぽりと包みこみ、そこに自然の力(風など)を利用することで、冷暖房機などの機械力を出来るだけ使わずに、冬暖かく夏爽やかで快適な住環境を実現します。

外断熱・二重通気工法
外断熱・二重通気工法(ソーラーサーキット)とは、省エネ・耐久性・健康な住宅、そして快適性を追求し、開発された住宅工法です。
高性能の断熱材(外断熱工法)と二重の通気層(ダブルサーキット)で、建物全体をすっぽりと包みこみ、そこに自然の力(風など)を利用することで、冷暖房機などの機械力を出来るだけ使わずに、冬暖かく夏爽やかで快適な住環境を実現します。

「外断熱」と「二重通気」を融合させた時、大切な役割をはたすのが、床下と小屋裏にそれぞれ設けた開閉ダンパーです。


このダンパーを開けたり閉めたりすることで、室温や湿度を調節します。たとえば、夏、ダンパーを開けて涼しい風を取り入れたり、冬、あたたかい空気が逃げないようにダンパーを閉めたりといった具合です。

この仕組みで、空気の温度差で空気の流れが生じ機械の力を出来るだけ使わず、冬暖かく、夏爽やかな室内環境が得られます。

換気システム
高気密、高断熱の家には計画換気が必要です。

さわやかさ、あたたかさを維持したまま、室内の空気を入れ替え、室内を24時間いつも新鮮な空気で保つことができるシステムです。

排気型集中換気「アルデ換気システム」は、排気のみ機械換気で給気は自然なのでメンテナンスが少なくて済みます。

SC−SV(四季対応型換気)システムは、「温房」「涼房」のそれぞれの状況に合わせて、時間単位で屋内・外の温度センサーにより外気温と室内温度を検知し、自動的に熱交換換気と普通換気(外気導入)とを切換えるSC独自の第一種セントラル換気システムです。
温房空間の温もり、涼房空間の爽やかさを保ちながら熱のロスを少なくし、快適で省エネルギーに計画換気を行うためのシステムです。


ターミメッシュフォームシステム
シロアリ対策とシックハウス対策。それは家づくりの最低条件です。
シロアリの侵入を防ぎ、分泌物などにも強いステンレスメッシュを、基礎外断熱部および侵入の可能性のある部分に隙間なく敷設し、シロアリの地中からの侵入を物理的に阻止します。
薬剤をまったく使わない工法なので、シックハウスの心配がなく、その効果も長期にわたって続きます(10年保証)。


ソーラーサーキット工法専門の基礎工事
ソーラーサーキットの外断熱は、壁、屋根だけでなく、基礎もすっぽり覆う断熱工法です。

基礎も断熱すると外気の影響を受けにくいため、床下温度が安定。夏は木陰のようなすずしい床下、冬はあたたかな床下を実現します。

また家を支える基礎の耐久性も向上します。
基礎外周立上り部断熱材張り「カネライトフォーム」及び耐圧スラブ下断熱材外周部廻り敷き「カネライトフォーム」かつ防湿層として、ポリエチレンフィルムを全面に敷き、鉄筋を配筋し、コンクリート打設します。
耐圧スラブ、立上り部を布基礎状にし、耐力壁、土台、基礎の一体化を計ります。

気密測定をお約束します
高気密建物として、十分発揮出来るかを測定によりお客様の満足いく建物を引渡し致します。






バナースペース